薬剤師って儲かるらしいケドほんとかな?

薬剤師の方が転職するなら役立つ求人情報を選ぼう

薬剤師として働いている方が転職を希望する時は、インターネットの求人情報等を利用しながら自分に合った職場を探すことになるでしょう。一般的な求人情報サイトよりも薬剤師専門のサイトを利用することをおすすめします。募集している職種は全て薬剤師ですから、より多くの情報をチェックすることができます。このようなサイトでは、自分に関する情報や求めている職場の条件等をあらかじめ登録しておくことができます。登録することで掲載されていない情報も提供してもらえますし、コンサルタントがついて様々なアドバイスがもらえる場合もあります。登録時に良い求人がなくても、条件に合う職場から募集情報が出た時に優先的に知らせてもらうことも可能です。薬剤師向けの転職エージェントは複数存在するので、実際に利用した方の評判等を確認しながらどのエージェントを利用するかを決めてもいいでしょう。薬剤師の職場は調剤薬局以外に製薬会社や病院、クリニック等もあります。希望する職場の件数が多いエージェントを選ぶことをおすすめします。



薬剤師の資格をとるためには

薬剤師の資格をとるためには、どのような大学を出る必要があるのでしょうか。薬剤師の資格と取得するためには、大学の薬学部を卒業する必要があります。昔から、薬剤師の資格は人気があり、また近年では不景気などの理由から、さらに薬剤師を希望する学生が急増しています。しかし、取得については、国立大学に入るためにはとても勉強が必要であり、かなりの難関となっています。国立大学の薬学部が人気の理由として、学費が安いことと、就職などに大変に有利な背景などがあるからです。私立大学では、受験の際には、教科が3教科のみなどの受験生には勉強しやすいものとなっていますが、入学金などがとても高く、アパート代金と合わせるとかなりの金額になってしまうことがネックとなっています。このように、私立と国立では学費や試験内容、試験科目などの面でいろいろと異なっています。薬学部以外の学部を卒業した場合には、国家試験を受けることができないため、注意が必要です。



薬剤師の年収とやりがい

薬剤師は他の職種よりも高収入が期待できますが、特に初任給で差が出やすいと言えるでしょう。すぐに頭打ちになる事が多く、最終的には650万円から800万円程度の年収になる事が多いです。薬剤師が働く職場大きく4つに分かれます。調剤薬局、病院勤務、ドラッグストア、製薬会社があります。このうち、近年の薬剤師の勤務先として多い職場はドラッグストアや調剤薬局では400万円から700万円程度の年収が期待できます。ドラッグストアにおいては店長まで昇格する事で数百万円年収がアップする為、働き甲斐がある職場でもあるでしょう。製薬会社においても営業職になれば成果に応じて給料に反映される事も多く、知識と日々の働きぶりで判断されやすいでしょう。一方で病院勤務の薬剤師は知識と労働内容に比べて意外にも高収入が期待できない部分もあり、給与面で不満が出る事もありますが、薬剤師として働く上で患者さんに一歩踏み込んで薬の指導が出来る点や医師や看護師らと連携して仕事を進める点においては非常にやりがいのある職場でもあります。



薬剤師の病棟業務について

一昔前は、薬剤師が病棟に足を運ぶことはあまりありませんでした。患者さんの服薬管理は看護師の仕事だったのです。(看護師 復職した人に聞きました!)しかし近年、患者さんの服薬管理や服薬指導やどんどん薬剤師の仕事として移行し、病棟業務が仕事として加わりました。病棟業務では、患者さんのところに薬を届けきちんんと服用できているか確認したり、血圧を下げる薬とグレープフルーツなどの柑橘系の果物との飲み合わせに対する注意なども行います。また、生物学的製剤の説明なども患者さんのベッドサイドや病棟の面談室などで行っています。患者さんが「粉薬は飲みにくい」と言った場合に、ゼリーで飲めば大丈夫なのか、錠剤に変えるほうが良いのかを医師と相談したり、医師に薬の変更を提案するのも仕事の1つです。患者さんの薬の副作用に対する対応について、医師との会議に出席することも多いです。医師から薬のことで相談を受けることもあります。医療はチーム医療です。薬剤師もその一員ですが、病棟業務では特にチームワークや報告、連絡、相談の 「ほうれんそう」が重要になってきます。



ドラッグストアでの薬剤師の仕事

薬剤師が活躍する場にドラッグストアがあります。全国どこに行ってもある為、働く場所を選べる点や高収入を期待できます。ドラッグストアで働く薬剤師の年収は400万円から700万円程度が多く、幅があるのは特に店長クラスまで昇格すれば300万円ほど年収も上がる事が可能な事からやりがいのある職場でもあります。ドラッグストアでの薬剤師としての仕事内容は調剤がメインでもありますが、市販の薬についてもお客様に質問があれば応対する事も仕事内容の大きな職務でもあります。薬剤師として調剤の知識は当然ですが、お客様の病気の症状に応じて市販の薬はどれを服用したらよいか幅広い知識が必要です。お客様と接する機会が多い為、薬について初心者でも解りやすい説明やコミュニケーション能力が問われます。一方で職場によってはレジ応対や品出しなどの業務をこなす事もあり、仕事内容としては接客要素も強いのでスキルを高めるという点では病院や調剤薬局で勤務するよりは劣るかもしれません。